ウォーキングアイテム

ウォーキング用スマートウォッチのおすすめ10選|健康管理や運動用に

ウォーキング用スマートウォッチのおすすめ

ウォーキング用スマートウォッチのおすすめ商品を紹介します。Amazonや楽天市場などメジャーな通販サイトや、有名なランキングサイトで人気があるモデルを中心にピックアップしました。健康管理や運動用に購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ウォーキング用スマートウォッチのメリット

ウォーキング用スマートウォッチのメリット

ウォーキング用スマートウォッチのメリットは主に以下の3点です。

  • 消費カロリーがわかる
  • 荷物を少なくできる
  • 緊急時に連絡ができる

それぞれの詳細をチェックしていきましょう。

消費カロリーがわかる

スマートウォッチを身につけることで、消費カロリーをチェックすることができます。そのためダイエット目的や健康維持などでウォーキングをしたい方にぴったり

食事での摂取カロリーと一緒に管理することで、より正確なカロリーコントロールも可能になるため、細かくチェックしていきたい方におすすめです。

荷物を少なくできる

スマートウォッチの一部のモデルでは、音楽再生が可能なものや、電子マネーの利用が可能なものもあります。そのため、スマホや小銭などを極力持ち歩いたくない場合にもスマートウォッチが活躍

もちろん、ウォーキング以外でも使えるので、日常をより便利にできるのもメリットと言えるでしょう。

緊急時に連絡ができる

スマートウォッチには緊急連絡機能がついているモデルもあります。そのため、ウォーキング時に体調不良や転んで負傷したときなどに使える機能なので、万が一に備えてあると安心です。

基本的にウォーキングはひとりで行うことがほとんどなので、とくに人が少ないコースを歩く場合は緊急連絡機能があるとよいでしょう。

ウォーキング用スマートウォッチのデメリット

ウォーキング用スマートウォッチのデメリット

ウォーキング用スマートウォッチのデメリットは以下の2つです。

  • 充電が必要
  • 各種設定が必要

それぞれ詳細を見ていきましょう。

充電が必要

大半のスマートウォッチは、スマホ同様に充電が必要になります。そのため、充電作業が面倒に感じる方にはかなりのデメリットです。

使用する頻度や、機種の仕様によっては毎日のように充電が必要になるので、気になる方はバッテリー容量をチェックするようにしましょう。

各種設定が必要

スマートウォッチもおサイフケータイや、アラーム、カロリー管理などを使う場合は、事前に設定が必要になります。簡単なものから、少々難しく感じるものなどがあるので、スマホのような設定が苦手な方は注意が必要です。

メジャーな機種であればネット検索で調べられますが、マイナーすぎるモデルについては情報が少ない可能性があります。

ウォーキング用スマートウォッチのおすすめメーカー

GARMIN(ガーミン)

ガーミンは航空分野や自動車、アウトドアなど幅広い製品を手掛けているメーカーです。

扱っているスマートウォッチはGPS技術を中心に、加速度やジャイロスコープなどのセンサーを統合したモデルを多く展開しています。ウォーキングやランニング用としても人気が高いメーカーです。

SUUNTO(スント)

スントは精密機器で有名なメーカーです。スポーツやアウトドアで活躍する製品も多く扱っています。

ウォーキング用スマートウォッチは長時間対応のバッテリーやGPSが搭載されたモデルが多くラインナップされ、比較的扱いやすいのが魅力です。

Apple(アップル)

アップルはiPhoneやMacが有名な電子機器メーカーです。どの製品も統一感のあるデザインと使いやすさが特徴。

ウォーキング用としても使えるアップルウォッチはケースの仕様や、バンドの種類を自由にカスタマイズできるほか、iPhoneとの連携もしやすいのがポイントです。

ウォーキング用スマートウォッチのおすすめ10選

Xiaomi Smart Band 7


このスマートウォッチは、旧モデルに比べるとディスプレイ画面が広くなっており、表示が見やすくなっています。心拍数を測定したり、血中酸素を測定することができるので、健康管理をしたい人に向いている商品です。

運動中に心拍数が上昇すると、アラームが鳴って知らせてくれます。Xiaomi Smart Band 7は、100種類以上の運動に対応をしているので機能性や実用性に優れています。ピンクやブラック、ホワイト、ブルー、オリーブなどのカラーが揃っています。

Fitbit Charge 5


このスマートウォッチは、軽量で腕に付けやすい形状になっており、エクササイズの習慣やマインドフルネスの実践、睡眠などの管理ができる商品です。

心拍数や一日の血中酸素などの測定ができるため、ウォーキングやランニングなどの運動時に向いています。機能性や実用性に優れているので、健康管理がしやすくなります。GPS機能を搭載しているので、外で運動をしたい時におすすめです。

HUAWEI スマートウォッチ Band 7


このスマートウォッチは、14時間のロングバッテリーが付いており、心拍数の測定、睡眠の管理などができる商品なので、健康管理をしたい人に向いています。

軽量で腕に装着しやすく、旧モデルに比べるとディスプレイ画面が大きくなっており、表示が見やすいのが魅力です。デザイン性、実用性を兼ね備えており、1万円以下なので初期費用を抑えて購入できます。

Xiaomi(シャオミ) Mi Smart Band 5


このスマートウォッチは、心拍数、睡眠モニタリングができるので、運動時、睡眠時などの健康管理をしたい人に人気があります。旧モデルに比べると改良されているので、ディスプレイ画面が見やすくなっており、通話やメールの通知が確認出来るので便利です。

スタイリッシュで現代風のデザインが特徴なので、お洒落な印象があります。価格がリーズナブルなので、若い人、高齢者にも人気が高いです。

Amazfit GTS 4 Mini スマートウォッチ


このスマートウォッチは、特殊コーティングをしているので、汚れが付いても拭くだけできれいになるのが魅力です。ガラス製でスクエア型になっており、腕時計のような高級感があるのが特徴です。

ヨガやウォーキング、ランニングなどの運動時に、心拍数、血中酸素などが測定できるので、運動中の健康管理をしたい人に向いています。ディスプレイ画面が大きいので、表示が見やすくGPS機能を搭載しています。

Fitbit Versa3


このスマートウォッチは、一回充電すると最大で6日間使用できる商品です。ディスプレイ画面はスクエア型になっており、表示が見やすいので通話やメールの通知を確認できます。

ヨガやウォーキングなどの運動時に、心拍数や血中酸素などを確認できるため、安全に快適に楽しむことができます。高級感がありデザイン性に優れており、音声ガイダンス機能、GPS機能などが付いているので機能面が充実している商品です。

GARMIN(ガーミン) Venu Sq 2


このスマートウォッチは、耐久性のある素材を使用しており、スクエア型の腕時計のような形状です。高級感があり、機能性や実用性に優れており、月経周期、健康管理、妊活などに役立てることができます。

体操や水泳、ウォーキング、ランニング時に心拍数、血中酸素などが測定できるため、運動時の健康管理がしやすいので人気があります。GPS機能が付いていたり、外出時に音楽も楽しめる商品です。

Apple Watch SE(第2世代) GPSモデル


このスマートウォッチは、通話やメールなどの通知を確認しやすい、大きめのディスプレイ画面が付いています。耐久性があり、高級感のある素材を使用しているので、大人向けの商品です。

アイフォンと連動することができますし、旧モデルに比べると高速になっているため、通話やメールなどをすぐに出来るのが魅力です。スターライトアルミニウムケースと、スターライトスポーツバンドなどがあります。

GARMIN(ガーミン) vivoactive4S


このスマートウォッチは、美しい曲線の丸形になっており、高級感があるのが特徴です。ホワイトやピンクゴールドなどのカラーがそろっています。スマートフォンと連動できるので、通話やメールなどの通知がすぐに確認できるのが魅力です。

運動時は心拍数、血中濃度の測定ができますし、GPS機能を搭載しているので機能性や実用性に優れています。音楽視聴機能が付いているので、外出時でも楽しめます。

スント(SUUNTO) スント ナイン バロ(SUUNTO 9 BARO)


このスマートウォッチは、ディスプレイ画面が円形になっており、高級感のある素材を使用しているので人気の高い商品です。

ウォーキングやヨガ、ランニングなどの運動時に、血中酸素、心拍数の測定ができるため、高齢者も安全に運動ができます。GPS機能を搭載していたり、マルチスポーツに対応をしているので健康管理がしやすいです。長時間バッテリーが付いているので、7日ぐらい使用できます。

ウォーキング用スマートウォッチの選び方

ウォーキング用スマートウォッチを選ぶ際は、事前にどんな機能が自分にとって必要なのかを想定しながら選びましょう。

モデルによって備わっている機能が違ったり、使えない機能があったりするので、注意が必要です。

ここではウォーキングに必要な以下の7つのポイントに絞って紹介します。

  • GPS機能の有無
  • 心拍測定機能の有無
  • フィット感
  • 防水性能の有無
  • スマホとの連携機能の有無
  • 音楽再生機能の有無
  • バッテリーの持ち

それぞれ詳細を見ていきましょう。

GPS機能の有無

GPS機能の有無

スマートウォッチで自分の現在位置やウォーキングの経路をチェックしたいならGPS機能の有無をチェックしましょう。もちろん、ウォーキング以外でも使える機能なので、あると便利です。

そのほか、ナビゲーション機能や目的地までの距離を確認できるモデルもあるため、用途に合ったものを選びましょう。

心拍測定機能の有無

心拍測定機能の有無

ウォーキングで心拍数なども細かく管理したいなら、心拍数測定機能の有無も確認してください。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動で本格的にダイエットや体力づくりをするなら必須の機能です。

フィット感

フィット感

ウォーキングはゆっくりした運動ですが、スマートウォッチをした箇所にフィットしていないと気が散ってしまうことも。そのため、しっかりフィットしたモデルを選びましょう。

ベルト部分の仕様だけでなく、本体の重さも重要。なるべく軽いモデルがおすすめです。

防水性能の有無

防水性能の有無

スマートウォッチの防水性能も必ずチェックしましょう。ウォーキングでも汗をかきますし、ウォーキング中に突然雨が降ることもあります。

そのため、防水性能が低かったり、備わっていないと、故障してしまうことも。故障のリスクを減らしたいなら防水性能も必須と言えるでしょう。

スマホとの連携機能

スマホとの連携機能

スマートウォッチとスマホがどこまで連携ができるのかチェックしましょう。とくに走った距離や速度、心拍数などをスマホの画面で確認や管理をしたい方には必須機能です。

そのほか、おサイフケータイなどの電子マネーや、音楽再生なども確認しておきましょう。

音楽再生機能

音楽再生機能

ウォーキング中に音楽を聞きたいなら、音楽再生機能の有無や仕様を確認しましょう。基本的にワイヤレスイヤホンを使うことになるので、イヤホンの仕様にも注意。

また、音楽をスマホ経由で聴くのか、そうでないのかで選ぶモデルも変わってくるので、目的に合ったものを選びましょう。

バッテリーの持ち

バッテリーの持ち

スマートウォッチによってバッテリーの持ちはさまざま。また、充電する時間もモデルによって違うので、これらの仕様にこだわりたい方はしっかりチェックしましょう。

また、充電する方法もワイヤレスで行えるモデルも存在するので、ご自身の充電機器に合わせるのもおすすめです。

ウォーキング用スマートウォッチを試してみよう

ウォーキング用スマートウォッチのおすすめ商品や選び方を紹介しました。カロリーの管理や音楽再生、電子マネー対応などさまざまな機能があるので、用途に合ったモデルを探してみてください。

個人的にはiPhoneを使っている方にはアップルウォッチがおすすめです。