ウォーキングアイテム

ランニング給水ボトルのおすすめ10選|細い形状や持ち運びやすいタイプも

ランニング給水ボトルのおすすめ

ランニング給水ボトルのおすすめ商品を紹介しています。ウォーキングにもランニングにも使えるアイテムで、細い形状や持ち運びしやすいもの、折りたたみが簡単にできるものなどさまざまなタイプがあります。長時間運動するなら水分補給は必須なので、ぜひ用途に合ったランニング給水ボトルを探してみてください。

ランニング給水ボトルのおすすめ【ボトルタイプ】6選

ランニング給水ボトルのおすすめ商品を紹介します。細い形状や持ち運びやすいタイプなど人気の商品をピックアップ。また、有名なランキングサイトやSNSで注目されているものも掲載しているので、間違いないアイテムを購入したい方はぜひ参考にしてみてください。

[サロモン] ハイドレーション ボトル

サロモンハイドレーション ボトルは、シリコーン、 熱可塑性ポリウレタン素材なので、柔らかくソフトなのでポケットやバッグなどに折り畳んで収納できる商品です。

水が揺れたり、はねる心配はなく、250mlとコンパクトな形状なので、持ち運びがしやすく機能性や実用性に優れています。汗をかいている時でもキャップを外しやすく、すぐに水分補給が出来る商品です。

ミューラー(Mueller) ウォーターボトル ストロー&キャップ 946ml

ミューラーのウォーターボトルはスポーツ用のボトルなので、キャップとストローが付いており、水分補給がしやすい形状になっています。

ブラックやレッドなどのカラーがそろっており、たっぷりと946ml入るので暑い時期でも安心です。水が漏れにくい形状になっており、機能性や実用性を兼ね備えたスポーツ用のウォーターボトルです。

UTOBEST ハイドレーション

UTOBEST ハイドレーションは、通気性に優れたポリエステル素材を使用したウォーキング用のリュックです。

たっぷりと10L入るので、スマホや水筒、タオル、財布などを収納しやすくなっています。
長時間背負っていても、通気性に優れた素材なので背中が蒸れにくいのが特徴です。防水性、はっ水性に優れた素材なので、雨の日など悪天候の日でも携帯しやすいのが魅力と言えます。

[アルティメイトディレクション] トレイルランニング フレックスフォーム II

アルティメイトディレクショントレイルランニング フレックスフォーム IIは、アウトドア、ウォーキング用のリュックなので通気性に優れています。

通気性に優れた素材を使用しており、軽量なので汗をかいても蒸れにくく、運動時でも体に負担が少ないのが魅力です。ストレッチ素材を使用しており、耐久性、防水性に優れているので水をこぼしても生地が傷みにくいです。

大作商事ドリンクミストSS

大作商事ドリンクミストSSは、真空ステンレス素材を使用しており、スリムでコンパクトな形状です。中に氷を入れるとミストが出るので水を飲む水筒と機能を分けることができるので、機能性や実用性に優れています。

水が漏れたり、はねにくい形状になっており、キャップを開閉しやすいのが魅力と言えます。コンパクトな形状なのに、500ml以上入れることができます。

ネイサン(NATHAN) ハイドレーション ボトル

ネイサンのハイドレーションボトルは、スポーツ、ウォーキング時に水分補給をしやすい形状で作られています。水の量が少なくても、ボトルの形が崩れにくくポケットから出しやすい形状になっています。

開閉がしやすいキャップが付いており、水がはねたり、こぼれるのを防ぐことができます。
水や氷、60度までのお湯を入れることができるため、実用性、機能性に優れた商品です。

ランニング給水ボトルのおすすめ【リュック一体型】4品

Croogo サイクリングリュック

このサイリングリュックは、背中の部分は通気性に優れたナイロン、メッシュ素材を使用しているので汗をかいても蒸れにくいのが魅力です。軽量で耐久性に優れており、収納しやすいポケットが付いているので、スマホや財布、タオル、水筒などをたっぷりと収納できます。

暗い場所でも蛍光色になっており、光が反射するので、夕方から夜間のサイクリングでも安全に走行できるのが魅力です。

JEELAD ランニングバッグ

JEELADランニングバッグは、汗をかいても蒸れにくく、通気性に優れた素材を使用したリュックです。ウォーキングやサイクリングなどの運動時には、タオルやスマホ、水筒などの必需品をたっぷりと収納できます。

耐久性、防水性に優れた素材を使用しており、軽量なので体に負担が少ないです。ユニセックスなデザインなので、男女兼用で使用できます。

ミリタリカルハイドレーションバックパック

ミリタリカルハイドレーションバックパックは、耐久性に優れており、軽量で通気性に優れたナイロン素材を使用したリュックです。

表に使用している素材は撥水性、防水性に優れているので、小雨でもウォーキングやキャンプに持っていくことができます。カーキやブラックなどの定番のカラーがそろっており、スマホやタオル、水筒、財布などをたっぷりと収納できる商品です。

ランニングバッグリュック

ランニングバッグリュックは、コンパクトでスリムな形状なのに水筒やスマホなどを収納しやすく、通気性に優れた素材を使用しています。軽量なので体に負担が少なく、ウォーキングやサイクリングの時でも水分補給がしやすいです。

中の物が取り出しやすく、実用性、機能性、デザイン性に優れています。はっ水性、防水性に優れた素材を使用しているので、小雨の時でも携帯しやすい商品です。

ランニング給水ボトルのおすすめの選び方

ランニング給水ボトルのおすすめの選び方は以下の7点に注目してみましょう。

  • 種類
  • 容量
  • 持ちやすさ
  • 飲み口の仕様
  • 目盛り付き
  • 真空構造
  • 折りたためるタイプ

それぞれの詳細を解説していきます。

目的に合った種類を選ぶ

ボトルタイプ

ボトルタイプはオーソドックスなランニング給水ボトル。500mlのペットボトルのサイズや、小さい水筒のような形状、折りたためるものなどさまざまな種類があります。

使い方もシンプルなので、毎回コンビニや自動販売機で飲み物を購入するコストを抑えたい方や、手軽な給水ボトルがほしい方におすすめです。

リュック一体型

リュック一体型のランニング給水ボトルは、別途ボトルタイプの給水ボトルが必要ですが、リュックを背負ったまま給水ができる仕様になっているほか、リュックの中にさまざまなものを入れられるのがメリット。

もちろん、予備のボトルを用意しておけば、たくさんの飲み物も携帯できるので、長時間ランニングやウォーキングをしたり、登山などのレジャーにもおすすめです。

容量は飲み切れるサイズがおすすめ

容量は飲み切れるサイズがおすすめ

ウォーキングやランニングを行う時間を想定して容量を決めましょう。必要以上の容量があると運動の邪魔になるので、注意して選んでください。

ウォーキングでは長時間といっても1時間以内のウォーキングがほとんどなので、ペットボトル1個分であれば十分です。休憩を挟んで、のんびりしたいことが多い場合はそれ以上あると安心。

人それぞれですが、ランニングなど激しい運動になった場合は800ml以上あるとよいでしょう。

運動に集中したいなら持ちやすさを重視

ボトルタイプを選ぶなら持ちやすさも重要です。おすすめなのは凹凸があるタイプのランニング給水ボトル。フィットしやすく、運動中でもスムーズに水分補給ができます。

また、ゴムなどの滑りにくい素材であれば、落とす心配も減らせるので、よりウォーキングやランニングに集中することができます。

飲み口の仕様は飲みやすさ重視で選ぶ

飲み口の仕様は飲みやすさ重視で選ぶ

ランニング給水ボトルの飲み口もさまざまです。ウォーキングやランニングをしながら水分補給をするなら、フォームが崩れないようなものを優先で選ぶのがポイント。

ストローが付いているものや、キャップタイプのような口や歯で挟んで引き上げる仕様のもの、フタなどがなくプッシュすると中身が出てくるものなどがあるので、自身が使いやすいと思う仕様の飲み口を選ぶとよいでしょう。

目盛り付きは水分補給量を管理したい方におすすめ

ランニング給水ボトルの残りを都度チェックしたい方は目盛り付きやクリアタイプを選びましょう。一目で残りを確認できるのでとても便利です。

ウォーキングであればそこまで重要ではないですが、水分補給量の把握をするような本格的な管理を行いたい方はとくにおすすめです。

冷たさをキープするなら二層構造がおすすめ

真夏など飲み物の冷たさを保ちたい方は、二層構造のランニング給水ボトルがおすすめです。

二層構造は、手の温度や外の気温をドリンクに伝えづらい構造なので、冷たさを保つことができます。緩い飲み物が嫌!という方はぜひ二層構造かどうかもチェックしてみてください。

折りたためるタイプ

ウォーキングやランニング中は極力身軽にしたい方は、折り畳めるタイプのランニング給水ボトルがおすすめ。中身が減るたび、圧縮されてどんどん小さくなります。

飲み終わるとかなりコンパクトになるので、小さめなランニングポーチにも入るので、ポーチをパンパンにしたくない方にもおすすめです。

ランニング給水ボトルのおすすめを紹介しました。

ランニング給水ボトルのおすすめ商品を紹介しました。選ぶ際は以下の7つのポイントに注目してみてください。

  • 種類
  • 容量
  • 持ちやすさ
  • 飲み口の仕様
  • 目盛り付き
  • 真空構造
  • 折りたためるタイプ

とくにウォーキングやランニングの際は持ちやすさや折りたためるかどうかに着目して選んでみましょう。