筋トレ&ダイエット

ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング12選|男性と女性向け&コスパ・味も

ホエイプロテインのおすすめ

ホエイプロテインのおすすめ商品をランキングで紹介しています。男性向けや女性向け、ダイエット向けの商品を中心にピックアップ。価格が安いもの、量や溶けやすさに着目したコスパ、飲みやすい味にも注目しているので、ホエイプロテインの購入の参考にしてみてください。

ホエイプロテインのメリット

ホエイプロテインとは、牛乳に含まれる乳清たんぱくが原料のプロテインです(参考:一般社団法人 日本プロテイン協会)。

ソイプロテインやカゼインプロテインと比べて吸収スピードが速い点がメリット。そのため、トレーニング後の栄養補給に向いています。また、サラサラした口当たりのものが多いため、飲みやすいのもポイントと言えるでしょう。

価格で選ぶならマイプロテインがおすすめ

コスパで選ぶならマイプロテインがおすすめ。安いだけでなく、飲みやすさや種類の豊富さでも注目されています。

公式サイトでは販売だけでなく、プロテインに関するブログも掲載されているので、一度は目を通しておくとよいでしょう。

ホエイプロテインのおすすめ人気ランキング12選

ホエイプロテインのおすすめ商品をランキングで紹介します。有名なランキングサイトやSNSなどで注目されているものを中心にピックアップしました。飲みやすさやコスパ、味の種類などをふまえてチェックしてみてください。

1位:SAVAS ホエイプロテイン100

たんぱく質の原料で、ホエイプロテインを使用したプロテインです。このプロテインはアスリートに対して食事調査を実施することによって、体を作るための栄養を配合。

たんぱく質だけ摂取できるのではなくビタミンB群、ビタミンD、ビタミンCも摂取できます。また、ココアパウダーを配合しているので、水でもおいしく作れます。

2位:F&W(エフアンドダブリュー) ホエイプロテイン チョコレート風味

流行りのプロテインを取り入れてみたい。ただ、プロテインって種類がたくさんあってどれを選べばいいか分からない!そんな方におすすめのプロテインです。

コストパフォーマンスを追求している「F&W」だからこそ提供できる、1gあたり約2.5円と低価格のコスト設定。始めての方でも続けやすい価格と、飲みやすい3種類のフレーバーです。腹持ちも良いので、置き換えダイエットにもオススメ。コスパ○、腹持ち○、飲みやすさ○の、プロテインです。

3位:アルプロン イズモ IZMO ホエイプロテイン

こちらの商品は日本人の体内環境を整える「乳酸菌」を含んでおり、タンパク質の吸収を高めることで効率的に身体づくりサポート。日々のトレーニングと合わせて、飲みたいプロテインです。

水に溶けやすいタイプでもあるので、余分な水分を取らなくて済むのも魅力。効率的にプロテインの効果を実感したい方におすすめです。

4位:Choice GOLDEN ISOLATE (ゴールデン アイソレート) ホエイプロテイン

せっかく飲むなら、徹底的に身体のことを考えたプロテイン!広大な自然の中で、成長ホルモン剤を一才与えず、ストレスなく育った牛の乳清(ホエイ)を100%使用。

人工甘味料などの添加物や遺伝子組み換え作物も一切使用なし。徹底的に、成分にこだわったプロテインです。高品質なプロテインで最高な身体を手に入れましょう。

5位:VALX バルクス ホエイ プロテイン

美味しいから、続けられる!こちらのプロテインは「日本一美味しいプロテイン」を目指してつくられた商品です。

美味しさの秘訣は、独自の厳選したココアパウダーをブレンドして作った味。98.6%のユーザーが「美味しい」と回答しています。徹底的に、こだわり抜いた味にも注目です。

6位:Gold Standard 100%

世界シェアNo.1。各国で愛されるプロテインが日本上陸!スプーン1杯でタンパク質24g、BCAA5.5gを摂取可能。効率的に身体作りができます。

また、独自の超微細フィルターにより、溶けやすく飲みやすい!プロアスリートやジム愛好家に選ばれ続ける人気のスポーツサプリメントブランドの商品です。

7位:バルクス ホエイ プロテイン WPI パーフェクト

筋トレの効果をより実感できる!数多くの有名アスリートの指導実績がある、山本義徳監修のプロテイン。効率良く効果を実感できる商品です。

余計なものを入れずに、タンパク質としての純度を高めています。毎日続けるものなので、価格にもこだわった商品。日々のトレーニングと併せてみましょう。

8位:FIXIT プロテイン ホエイ プロテイン DAILY BASIC

摂取することで、美しいボディをつくり、保つことのできるプロテインです。トレーニングを行う人に必要なたんぱく質は体重の1.5倍から2倍必要ですが、食事でとるには難しい場合は、このプロテインが最適になります。

低糖質のであり、水やジュースなどで、混ぜて摂取するだけではなく、パンケーキに混ぜることによっておいしく摂取できます。

9位:江崎グリコ パワープロダクション マックスロード

吸収のはやいホエイプロテインを、使用しているホエイプロテインです。毎日のトレーニング目的の栄養補給だけではなく、体調補助や健康補助を得ることができるのでたんぱく、水溶性ビタミン、カルシウムを高配合しています。

ココアパウダーを配合しているので、ほどよい甘さとコクをもつので、毎日飲んでも飽きない味わいです。

10位:Myprotein マイプロテイン ホエイ・Impact ホエイプロテイン

たんぱく質を配合されたプロテインです。ただのプロテインではありません、配合されているのは普通のたんぱく質ではありません、高精製された純度の高いたんぱく質を配合されたホエイプロテインとして作り出しました。

また、すべての必須アミノ酸と、ロイシンが含まれています。多くの味を選べ、毎日の摂取に飽きることがありません。

11位:リミテスト ホエイ プロテイン 工場直販 無添加 国産 ULTRA VALUE ウルトラバリュー

高品質なホエイプロテインを使用しているプロテインです。人工甘味料をはじめ、砂糖や保存料、香料着色料を使用していない上に、自社開発から製造や加工や販売まで一気通貫の体制を持つので心配はなく安心して摂取できます。

プロテインシェイカーを使い、水や牛乳で溶かすことで素早く栄養を摂取でき、就寝前や朝の摂取にとるのが最適です。

12位:バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイ

ボディメイクをサポートできるプロテインです。1食20グラム以上持ち、ボディメイクを目的とした方から、日常生活の食生活から、たんぱく質が足りていない方にもおすすめ。

原料には過度の添加物が配合されず最低限必要な量が添加されています。豊富なフレーバーが存在しているので、毎日飽きずに飲むことのできるプロテインです。

ホエイプロテインのおすすめの選び方

ホエイプロテインのおすすめの選び方は以下の5つのポイントに注目しましょう。

  • タンパク質の含有量
  • 製法
  • 飲みやすさ
  • コスパ
  • 添加物

それぞれの詳細を解説します。

タンパク質の含有量

ホエイプロテインはタンパク質の含有量が多いものがおすすめ。

タンパク質の含有量は商品によって違いがあり、傾向として、タンパク質の含有量が少ないホエイプロテインはカロリーが高いものが多いです。そのため、カロリーも抑えたい方はタンパク質の含有量もしっかりチェックするのがよいでしょう。

製法

ホエイプロテインの製法はWPI(Whey Protein Isolate)製法とWPC(Whey Protein Concentrate)製法の2種類があります。

WPI製法は吸収効率を重視したい方におすすめ。たんぱく質含有率が80%前後のものが多く、脂質が低いのが特徴です。さらに、乳糖が可能な限り除去されており、乳製品でお腹を下してしまう方にも向いています。

デメリットは価格。ホエイプロテイン自体の相場よりも比較的高値。安いホエイプロテインをチェックしたいなら、WPC製法のプロテインがおすすめです。

飲みやすさ

飲みやすさ

食感や味も重視したい方は飲みやすさもチェックしましょう。ホエイプロテインは比較的水に溶かしやすいですが、物によってはドロドロしているものもあります。好みに合わせるとよいでしょう。

また、フレーバーはチョコレートを中心に甘いものが多いです。しかし中には人工甘味料が使用されているものもあるので、不自然な甘みが苦手な方は購入前にチェックしておきましょう。

コスパ

コスパ

ホエイプロテインを価格で選び方は、価格そのものではなく、プロテインの含有量を踏まえたコスパをチェックしてください

目安としては一杯あたりのプロテイン含有量に注目することです。物によっては価格が安くてもプロテインの含有量が少なく、結局たくさん飲まなければいけないケースがあるので注意が必要です。

添加物

添加物

ホエイプロテインの多くは添加物が入っています。極力添加物を抑えたいなら、無添加のものを選びましょう。

無添加のものは、比較的味や飲みやすさが落ちますが、飲みやすいものも多く販売されています。特に人工甘味料が気になる方は事前にチェックするのがおすすめです。

ホエイプロテインのおすすめ人気ランキングを紹介しました。

ホエイプロテインのおすすめ商品を紹介しました。現在発売されているホエイプロテインは飲みやすいものが多く、比較的継続しやすい商品が多いです。あとはタンパク質の含有量やフレーバー、添加物などをチェックして、好みに合ったプロテインを見つけてみてください。